株式会社バイオエックス

Bio-X Inc

加熱転写装置(TLCブロッター)

特徴

  • 様々な組織片に含まれる脂溶性物質をPVDF膜に転写・回収できます
  • TLCプレートとの組み合わせで脂質等の定量解析が可能です
  • PVDF膜上で濃縮されるため、低濃度の成分解析にも有効です
  • 転写後、PVDF膜上で様々な染色や解析、膜上の転写物のMALDI-TOF MSによる分析等が可能です
  • 装置の操作は簡単です

原理

転写有機溶媒液に浸した試料(動物・植物組織の切片、分離済TLCプレート等)上にPVDF膜を載せ、上方から加熱・加圧すると、脂溶性の物質は揮発する転写溶媒と共に膜に移動します。
また、試料中に含まれる転写物はPVDF等で濃縮されるので、より鮮明なスポット(バンド)として検出できます。(Far-Eastern Blot 法)

対象試料(脂溶性化合物など)

脂質、リン脂質、糖脂質 他
天然の有機化合物、環境物質 他

転写方法

  • 転写試料(薄い切片状の組織片、展開済みTLC等)を用意する
  • 試料を転写有機溶媒に浸漬後、PVDF膜、テフロン膜、ガラスろ紙を載せる
  • 装置の転写部にセットする
  • 装置に予め転写時間、温度、を入力しておき、スタートボタンを押す

製品ラインナップ

加熱転写装置(TLCブロッター) TM-201